40代の転職について

就職活動を40歳になってから行おうとすると、年齢がマイナス要因になります。それまでずっと第一線で働いてきて、成果もあげ、評価もされている人であっても、40歳以上で再就職先を探そうとすると、見つかりません。よさそうな求人があったからと応募をしてみて、40歳を越えてるからという理由で、書類選考に漏れることがあります。若いうちと同様のつもりで仕事を探しても、当時と同じような手応えを得ることはできません。正攻法での転職では至難と言えるほど年齢は転職に影響することを理解しておく必要があります。40代になってから、求人に対して応募書類を出しても、書類選考を突破できるのは10%程度だともされています。100社に応募して、やっと10社に採用面接をしてもらえるという形になるでしょう。仮に面接をしてもらったとして、不採用という結果しかなければ、時間的な損失も大きいですし、何より精神的につらくなってしまいます。年齢に加えて、仕事をしていない期間が長い人は、ますます採用されづらくなっているといえます。40代になってから仕事を探す場合、知人や、親族に頼って、働き口を世話してもらうというやり方のほうが、現実味があります。40歳という年齢までこつこつと人脈を築いていれば、何かしらのきっかけも得られることは少なくありません。親戚や、友人のつながりを利用することに後ろめたさを感じる人もいますが、人と人とのつながりは採用の重要な要素といえます。